CGデザイナー・クリエイターになるには?年収・就職事情・仕事内容

より実写的な表現が可能な「ラジオシティ法」とは

ラジオシティ法について説明します。

 

ラジオシティ法というのはCGにおいてより実写に近い表現をするのに行う計算手法です。

 

 

3DCGの世界では空間に光源を設置して、それによりオブジェクトを照らしますが、これだけでは実写的な表現はできません。

 

 

実写の世界では物を照らす光は光源からのものだけではなく、光源からの光が壁や地面に反射してできる「反射光」によるものもあるからです。

 

ラジオシティ法の特徴

ラジオシティ法ではこの反射光まで計算して物を照らすためより実写に近い画像を作り出すことができます。

 

 

このように物に光が反射してまた別の物を照らす処理を「相互反射」といいます。

 

 

このラジオシティ法は隣接するオブジェクトの色まで他のオブジェクトに反映されて照らされます。

 

参考サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/ラジオシティ

 

 

このように細かい描画までしてくれるのですが、やはり計算時間がかかります。

 

 

あまり計算に時間をかけたくない場合はレイトレージング法によりあまり複雑な計算をさせないようにしましょう。

関連ページ

3DCGの歴史
3DCGデザイナーという職について理解する前にまず3DCGという分野について整理しておきましょう! 3DCGとは3次元コンピュータグラフィックスの略でコンピュータの計算によってパソコンやテレビなどのモニタの上に立体物を表現する手法のことをいいます。
「ベクタ表現」とは?ベクタ表現によるメリット・デメリット
ベクタ表現について説明します。 このベクタ表現は図形やイラストを線分で表す表現法です。
テクスチャマッピングの準備「UVマッピング」とは
UVマッピングというのは、簡単にいうとテクスチャマッピングを行う前の準備です。 テクスチャマッピングはオブジェクトに画像を張りつけてリアルな質感を作り出す作業のことです。
モデラーの腕の良しあしは「トポロジー」で決まる!
トポロジーの重要性について説明します。 トポロジーというのは「構成」という意味で 3DCGにおいては 「モデルを形成しているポリゴンの組み方」 をトポロジーと呼んでいます。
リアルな画像作成に欠かせない「シェーディング」とは
「シェーディング」について説明します。 シェーディングというのは3次元グラフィックスにおいて用いる用語の一つで、物体に光が当たった際の濃淡の具合を計算して表示させることをいいます。陰影処理ともいいますね。
影付け手法の代表格!「レイトレーシング法」の意味と適用例
レイトレーシング法というのは光線追跡法とも呼ばれ3DCGにおいては物体を光源で照らす際に行われる計算のことです。
物体の周囲の写りこみを疑似的に再現する「環境マッピング」とは
環境マッピングというのはテクスチャマッピングの一種ですが用途が少し特殊です。
よりリアルな映像表現を可能とする被写界深度について
被写界深度というのはいわば 被写体を綺麗に映し出す範囲 のことです。 ピントを合わす、といいますよね。そのピントをどこまで合わすか。 それが被写界深度です。
モデルの出来栄えを左右するシェーダーのパラメータ「BRDF」とマテリアルの関係
BRDFというのは双方向反射率分布関数ともいいいわば光の反射モデルのことでモデルのマテリアル・シェーダーのパラメータの一つですね。
物体の見た目を大きく左右する「法線」とは
CGをやっていると 「法線の向きを合わせる」「法線の向きを逆にする」 などといった言葉を目にすることが多いと思います。
近年個人での利用も可能になったモーションャプチャとは
さて今回ご紹介するのはモーションキャプチャという3DCGに対する動き付けの手法です。 人間など手付けでは表現しにくい動きを表現したいとき非常に重宝される技術ですね。
3DCGでアニメ調の表現を可能にする「セルシェーディング」とは?
トゥーンレンダリングは3DCGにより2次元アニメのような表現を可能にする技術のことで「セルシェーディング」とも呼ばれます。
3DCGと「三次元座標系」とは?右手系、左手系って?
空間にX軸、Y軸、Z軸を与えて座標を定義できるようにした空間を三次元座標系といいます。 この三次元座標系というのは右手系と左手系がありそれぞれX軸、Y軸、Z軸の向きがことなります。

TOP 仕事内容 就活 必須スキル 学校 ソフト レンダラ ポートフォリオ