CGデザイナー・クリエイターになるには?年収・就職事情・仕事内容

3DCGをやる上で必要な最低限のパソコン知識

3DCG制作や動画編集用のPC制作について紹介する前にまず基本的なパソコンの知識について触れていきましょう。

 

パソコンのパーツ

なんといっても3DCG制作や動画編集はPC、つまりハードのスペックにかなり依存する作業。ハードについて理解を深めておくにこしたことはありません。

 

まずパソコンというのは基本的に以下のパーツで成り立っています。

 

ディスプレイ

画面に映像を映し出すモニタのことです。大きさは「インチ」で表します。

 

解像度は1980×1024のように画面を細かく分割する走査線の数で表します。

 

走査線が細かいほど解像度が高いということになります。1980×1024は最高画質のフルHD対応モニタとも呼ばれます。

 

電源

その名の通りPC本体を動かす電源となります。

 

このパーツはPC全体の安定性に深く関わってくる重要な役割を持っています。

 

動画編集やCG制作となるとかなりマシンパワーを必要としますから下手な電源を使っていると途中で落ちたり画面が真っ暗になったりと悲惨なことになりかねません。

 

グラフィックボード

画面に映像を描画する処理を担当します。

 

とくに3DCG制作では高解像度のテクスチャや複雑な計算を要する表示の必要がある場合、強力なグラボの性能が求められます。

 

NvidiaのQuadroシリーズがCADや3D用のグラボとして定番となっています。

 

また動画編集においてもリアルタイムに映像を再生しながら編集していくのでグラボの性能はもちろん重視されます。

 

HDD

データの保存場所となる記録媒体です。

 

容量を〜GBや〜TBという単位で表します。

 

3Dデータや映像データはアプリケーションにせよファイルにせよ結構なデータ量があります。なので容量は大きい方が良いですね。

 

CPU

PCの脳にあたる部分です。PCで行う様々な作業の計算を担当します。

 

良いCPUほど計算速度が速くPCをスムーズに動かす事ができます。

 

動画編集やCG制作ではレンダリングエンコードといった作業において重要になってきます。

 

メモリ

データの一時保存場所です。HDDからデータを呼び出してユーザが使用している間のみ保存しておきます。メモリは積めば積むほど一度に複数の動作を行う速度が速くなります。
例えば複数のソフトウェアを並行して起動しておくとか、そういう時に効果を発揮するパーツです。

 

マザーボード

すべてのパーツの母体となる基盤パーツです。母体でボードだからマザーボードです。この基盤にすべてのパーツが取り付けられています。CPUから送られる命令はこの母体を通してメモリやグラボ、HDDなどに送られます。

 

ケース

全てのパーツを入れておく箱のことです。文字通り中身がないとただの箱でしかありません。

 

パソコンの性能に直接関わらない為、重要性は今まであげたものより下がってしまい、BTOや自作における妥協点として多くの人が最初にあげるパーツでもあります。
ただ良いものほど堅牢性清音性は優れているのでどうでもいいパーツではありません。

 

光学ドライブ

DVDやブルーレイ、CDなどの円盤記録メディアを読み込む為のパーツです。

 

以上が基本的なパソコンの構成要素の簡単な説明になります。この中で動画編集に深く関わってくるパーツはCPU、メモリ。3DCG制作においてはこれにグラフィックボードを加えた形です。

 

PCが上記の10個のパーツで構成されていること。

 

動画編集や3DCG制作において重要になってくるパーツ。

 

まずはこれだけおさえておきましょう。

関連ページ

BTOパソコンメーカーの種類
CGデザイナーのようなクリエイター向けのPCの組み立てを請け負ってくれるメーカーのことをBTOパソコンメーカーといいます。
レンダリングの速度を決定付けるCPUの選び方
グラフィックボードことGPUの選び方に続き今回はCPUの役割についてです。
ユーザとハードの仲介人「OS」の役割と種類・選び方
PCの大変重要な要素OS(オペレーティングシステム)の役割についてご説明します。
パソコンの心臓部「マザーボード」の役割と性能・選び方
マザーボードというのは行ってみればパソコン本体です。 パソコンの全てのパーツはこのマザーボードに繋がっています。 ケースの中に入れるパーツの中では最も大きいものです。
「グラフィックボード」の選び方。3DCG関係者必見
さて!今回は3DCG制作には最重要となるグラフィックボードの役割についてご説明していきたいと思います。
3DCG制作・動画編集に最適なHDDの選び方
パソコンの重要パーツの一つハードディスクの役割についてご説明します。 HDDはデータを保存する為の記録メディアのことです。
CG制作・動画編集に適したモニタとは?選び方教えて!
モニタはパソコンから送られてくる情報を映像にして映し出す大切なパーツの一つです。 呼び方はモニタでもディスプレイでもどちらでもOKです。
光学ドライブの選び方
光学ドライブはDVDやCDなどの円盤型の記録メディアを読み込む為のドライブです。 ここにDVDをいれて映画を再生したり、ソフトウェアをインストールしたりするのです。
3DCG制作向きPCケースの選び方?タワー型・省スペース型・一体型
パソコンのタイプ別に考えた時の選び方について解説しましょう。
3DCG用PCのメモリの選び方
メモリはHDDより引き出したデータを一時的に保存しておき適時素早く読み込むことができるようにすることでPCのパフォーマンスを向上させます。
PC全体の安定に関わる電源。その選び方や容量計算の仕方は?
電源はパソコン全体の動作の安定性に関わる重要なパーツです。 たかが電力供給装置ではないんですね。 ここで予算は妥協しない方がいいと思います。

TOP 仕事内容 就活 必須スキル 学校 ソフト レンダラ ポートフォリオ