CGデザイナー・クリエイターになるには?年収・就職事情・仕事内容

豊富なプラグインの3ds Maxの特徴・Mayaとの違い

3ds MaxはMAYAと並び広いシェアを持つ高機能な3DCGソフトウェアです。

 

日本ではMAYAの方が多くの企業で使われていますが、世界でみたらMAYAとMAXのシェアは半々といったところ。

 

[3DSMAX無償体験版ダウンロードページ]
http://www.autodesk.co.jp/products/autodesk-3ds-max/free-trial

 

 

MAYAとMAXはどう違うの?

基本的にできることは大体同じです。

 

ただお互いに強みや弱みがありますね。

 

Mayaのメリット

例えばMAYAはアニメーションに強く操作性もシンプル。

 

そして参考資料が多く、日本では圧倒的なシェアを誇る、という強みがあります。

 

映画のCGに使われているのは大抵MAYAです。

 

Mayaのデメリット

逆にMAYAはプラグインがあまり発達しておらず、性能を拡張させるにはスクリプトでプログラムを書く必要があります。

 

だから企業向けなのです。プログラマーを雇えばいくらでも化ける可能性を秘めています。バリバリにカスタマイズできるのです。

 

ということはこれはデメリットにもなります。プログラムが出来なければ壁にぶちあたるということですね。

 

Maxのメリット

対してMAXは市販プラグインが豊富で機能の拡張がプログラムを書かずとも可能です。個人でも機能拡張の自由度が高いのです。
またエフェクトもMAXが若干上回っている印象を受けます。

 

例えばMAXだとこんなプラグインがあります。
これは雪を積もらせるやつですね。

 

SNOW GUN from clovis gay on Vimeo.

 

Maxを動画で学ぶ

入門者用に簡単そうなのを一つ・・・

 

Maxの作品集

Max20周年記念のデモリールです。20年分の作品が流れるのでいやあ歴史を感じますね。

 

3dsMax関連の参考書籍

 

書籍名:Autodesk 3ds Max Autodesk 3ds Max Design ビジュアルリファレンス2

 

価格:5,400 円

 

内容:Autodesk 3ds Max Design ビジュアルリファレンス2は全3dsMaxユーザ必見の機能解説書です。全書のボリュームをさらに質と共にグレードアップされており3dsMaxで出来ること、知りたい機能などが広く深く網羅してあります。具体的にはUIの解説、モデリングのデータフロー、ボーンの作成、コンポジタ、シャドウ、レンダリングなど初心者がとっつきにくいであろう機能についてもわかりやすく説明してくれています。

関連ページ

ハイエンドソフトMAYAの特徴と作品集の紹介
まずは圧倒的なシェアを誇るAutdesk MAYAから紹介させていただきたいと思います。
MayaやMaxを快適に動作させるパソコンのスペックとは?
MayaやMaxなどの業務用3DCGソフトウェアを動かすのに必要なパソコンのスペックについてです。
CINEMA4Dの特徴/AfterEffectsとの連携が武器
さて今回紹介させていただくのはCINEMA4Dという3DCGソフトウェアです。 MAXON Computer社というドイツの会社によって開発・販売されています。
あのジブリが採用Softimageの特徴。ハイレベルな作品集紹介
SoftimageもMayaやMaxと並び有名どころの3DCGソフトウェアの一つです。
ジブリやFFで採用されたCGソフト「Softimage」の開発が終了!(2014-3-5)
今回はSoftimageユーザーにとってはちょっぴり悲しいニュースかもしれませんね。 ジブリやFFXIIIの制作に採用されていたSoftimageが4月14日リリースの最新版をもって開発が終了することになりました。
blenderの特徴/チュートリアルサイトのご紹介
blenderはオープンソースの3DCGソフトウェアです。 モデリング、質感設定、レンダリングなど他の高価な統合型3DCGソフトで出来ることは大抵できます。MAYAMAXと比べても負けず劣らずな性能を発揮してくれます。
Zbrushの特徴と作品集/ディティール書き込みに特化した
今回ご紹介するのは画像処理ソフトウェアであるZbrushについてです。 ZbrushはMAYAやMAXなどと同じモデリング機能を備えていますが趣は大きく異なります。
Shadeの特徴は/3Dプリンタとの連携が強み
Shadeは1986年に販売が開始されて現在まで広く利用されている歴史の長いソフトウェアとなります。
お手軽PCでも快適に動くMudboxの特徴
MudBoxはスカルプティングに特化したソフトウェアです。 3DCGソフトウェアにて作成したモデルに凹凸等の明暗情報を持たせ、細かいディティールなども表現できるようになっています。
個人利用に定評のあるLightwaveの特徴と作品集紹介
タイトルの通りlightwaveは通常版でも価格15万程度と個人でも手が出しやすい3DCGソフトウェアとなっています。(学生版は3万円台です)

TOP 仕事内容 就活 必須スキル 学校 ソフト レンダラ ポートフォリオ